ちはやふる163首 感想その1 ネタバレ注意 BELOVE最新話


今号は大きな展開になると予想していたので、ドキドキ・・

映画のスペシャルルポマンガもあって、うれしいです~!

 

以下、163首の感想その1です。
ネタバレにもなりますので、未読の方はご注意ください。

 

 

Sponsored Link

 

現れた太一に驚きの表情を隠せない瑞沢メンバー。

 

「お おい 綾瀬 真島 来たぞ 真島・・・」

と、肉まんくんが千早に言うも、集中でその声は届いていないようで・・

 

息をする千早。

 

払った札が肉まんくんと松林くんの方へ。

 

読まれたのは「つきみれば」

 

肉まんくんも松林くんも当たり札を触っていないのに外に飛ばされている。

 

(綾瀬がぶっ飛ばした)

 

「どうしました?」

・・と、村尾さん。

 

「隣から飛んできた札がこっちの陣の『つき』も競技線の外に飛ばして・・・ 僕ら二人とも触ってないです」

 

(隣の陣の当たり札まで飛ばした!? あの子すげえ)

ざわめく会場。

 

競技規定によると、「不可抗力によって出札が競技線の外に出てしまった場合は 出札を持ち札としていた者が取ったものとする」とある・・。

 

「松林くんの陣に『つき』があったなら松林くんの取りです」

 

「肉まんくん ごめんね」

 

「い・・・いや いーよ」

 

(読まれたのが「つき」かどうかもわからなかった 綾瀬の反応が速すぎて)

 

 

「田丸さん 次は取れるよ リズム取って 自分のテンポでね」

 

「は はいっ」

 

田丸に声をかける千早を見て、かなちゃんは思う。

(千早ちゃん チームのことは見えてるのに ほかは全然見えてない

 真島部長が来てることにも 気づいてない・・・・)

 

 

新と千早の札を見て驚く太一。

 

(勝ってる いま6枚差? 新 相手に 勝ってるのか!?)

 

 

汗をぬぐう新。

(すごい 強いな)

 

(「余計なこと考えんやつが強いんや」 じいちゃんも言ってたな

 音と札だけの世界 すさまじい集中)

 

「おもいわび」の札を取る新。

 

(新 落ち着いてる 敵陣 抜いた 送り札どうする?)

村尾さんがじっと様子を見る・・

 

「しら」を送る新。

 

(攻めがるたの選手は 敵に持ってもらいたいポイントの札

 新・・・ 気持ちよく取らせない気だ)

 

「あきかぜ」の札を取り、新の連取。

 

送り札は・・・

 

 

「すみのえの」

 

(「す」!? それまで送る!? なに考えてる新 綾瀬さん 「しら」とは分けて置いた

 危険 でも攻めにくいイヤなイヤーなかるたー)

ぞわっと悪寒がする村尾さん。。

 

 

(千早 おれやよ)

 

向かい合う千早に心で呼びかける新。

 

次に読まれた札は・・・・・

 

 

「せをはやみ——–」

 

 

取ったのは・・・・

 

新。

 

千早から「せ」を抜いた新に太一も村尾さんも驚く。

 

(綾瀬さんの陣に集中した「しら」「す」「せ」 攻めのポイントになる札が自陣にありすぎて取りにくくなった

 しかも「せ」に伸びた手をガードしてからの払い 新・・・

 最初からガリガリの「せ」狙いじゃねえか)

 

 

 

(千早 おれやよ)

 

 

(千早があの日取った一枚 今日に続く一枚 ずっと取り返したかった 

 音と札だけでない 目の前にいるのはおれやよ)

 

 

「ちはやぶる—-」

 

ビクッとする千早。

 

空札。

 

(「ちは」 空札・・・)

 

千早は顔をあげる・・・・

 

視界に入ってきたのは・・・

 

太一の姿。

 

 

舞い散る桜の花びら。

 

あのボロいアパートの部屋で小学生の千早が顔を上げると、窓際に座って札を読んでいるまだ幼い太一。

 

 

そして、目の前には笑顔の小学生の新。

 

 

今、目の前に座っているのは・・・

 

今の新。

 

(新・・・ 私 )

 

はっと顔を上げて、新を見る。

 

(私・・・)

 

 

「ゆうされば」

 

新が取る。

 

「あきかぜに」

 

新が連取。

 

 

(うわあー やっぱりすごいなぁ 新は すごいなあ)

 

次の札は・・・

際どい瞬間で、千早が払った札を取りに行こうとするが・・

 

「あっ セイム?」

 

「いや 千早の取りでいいよ」

 

「でも」

 

「クリーンな取りでなかったら おれの取りでない」

 

「ははっ 強気だなあ」

 

 

(新とかるたが 新とかるたがまたできる)

 

 

「瑞沢1勝!!」

 

「瑞沢2勝!!」

 

机くんとかなちゃんが叫ぶ。

 

はっとする千早。

 

「よし! つつ 続きます」

 

田丸も気合いを入れる。

 

 

(見て 新 見て太一 これが 私の仲間だよ)

 

 

「瑞沢3勝!!」

 

「瑞沢4勝!!」

 

肉まんくん、田丸も続く。

 

 

「おおえやま」

 

 

払ったのは千早。

 

 

「瑞沢5勝!」

 

 

 

**********************************************

ここで次号に続く。

 

意外な展開で、ちょっと混乱してます・・!!

まさか・・新が負けるとは・・・

 

頭を整理して、感想2を書きたいと思います!!

 

 

Sponsored Link

You may also like...

8 Responses

  1. えりつぃん より:

    うわぁ…。
    あらすじ読んでるだけで、心がしびれてきます。
    千早、やっと新と太一に気がついたんですね。
    31巻、たぶんここまでですね?

    • kurumi より:

      えりつぃん様

      今回はもういろんな気持ちがぐるぐると渦巻いて、混乱中です。
      千早、気づきましたね・・!
      そして本来の千早に戻った気がしますが・・
      新と太一が元の千早を呼び戻した感じでしょうか。
      いつもギリギリまで最新刊に入れてくれるので、31巻にたぶんこの163首も入るとは思いますが・・
      今回の映画のルポマンガももしかしたら入るかもしれませんよね・・!

  2. まなちゃん より:

    くるみさん、お久しぶりです!
    本誌は読んでいたんですが中々コメント出来ず…毎回真島親子や太一に泣かされておりました。
    今回も最後あたりからばばん!と瑞沢勝利の掛け声があがって、もしや…?!と思えばまさかの新の負けで私も混乱しました。
    まさか負けるとは思ってなかったのと、ここで新に勝利しておく事で一話へのお願い、誰も息をしないでのクイーン戦に繋がるのか?と考えてしまいました。恐らく6年前、と書かれているので今年だよな…と感じてしまい…。気が早すぎるんですが!(笑)
    団体戦での千早は太一になろうと、なろうとしていつも以上に気負ってましたが、太一がその場で戦っていなくても太一はきちんと瑞沢の部員なんだな、という描写が描かれているみたいで私は太一推しなので毎回号泣です。

    来号はもしやA級優勝した時と同様に太一に抱きつくのか?!もしくは新と太一の両方の手を取り合うのか?!そんな考えばかりしてしまいます。翌日の個人戦で仲良くなったしのぶちゃんが太一とも話す場漫画くるのか…!りおんとヒョロくんの対決も気になりますね。毎号連載してくれてる嬉しさを噛み締めております…。

    • kurumi より:

      まなちゃん様

      こんにちは!お久しぶりです!
      コメントありがとうございます!!
      太一ママがきっかけで太一が近江神宮へ来ることになったので、驚いてます。
      太一にも少しずつ変化が見られますね。
      親子関係、これから注目だなぁとドキドキしてます。

      まさかの新の敗北にかなりのショックです。
      私もまさか負けるとは思っていなかったので、「瑞沢5勝」の声がまだ信じられません。

      「6年前」!!
      まなちゃんさんのすごい着眼点に驚きです!
      本当ですね!きっと今年ですよね・・!!
      もうすぐ、あの1巻のはじめにつながるかと思うと、心ふるえます・・!

      太一がいなくても、太一の存在感をひしひしと感じましたね!
      瑞沢にとっても千早にとっても、なくてはならない存在・・
      読んでいて心底そう思いました。

      次号で太一との接触があるのかどうかが気になります。
      太一、お願いだからそのまま帰らず、新と千早と話をしてほしい!!と思ってしまいます。
      その前に北央対富士崎でしょうか・・!!
      優勝校がいよいよ決まりますね!

      本当に・・毎回次号予告の所で休載ではないかとビクビクしておりますが(笑)、毎号連載に感謝感謝ですね!

  3. nico より:

    こんばんはぁ
    発売日がとてもとても待ち遠しかったです!

    今回の結果にほんと驚きでした。
    ここで新が負けるというのはかなりの驚きで!!
    新が「おれやよ」って心の中で呼びかけているところにやられました。
    そして「せ」の札を何が何でも取った新。
    この負けは千早を取り戻すためだったのかな?とすら思えてしまいます。
    千早と新の試合 水のイメージにならなかったので新もいつもと違ったのかなと。
    三人か何かを取り戻すという感じの話になったように思います。
    負けてしまった新…
    到着した太一…
    次号はどんな展開になるかまた待ち遠しくて仕方ありません!!!
    太一の告白後なんか重い日々だったので三人の関係がいい方に動いてほしいと願うばかりです。
    次号は決勝かな…
    せっかく近くに宿泊してるのだから、なんかもうちょっと接触してほしいなぁ…と個人的願望も(笑)
    実は個人戦に太一がこっそりとエントリーされていて(先生がこっそり)みたいな展開も期待しています。
    ここでは新と太一の戦いがみたい!!

    丁度163首前に、小説の新編を読みました。
    新のおじいちゃんとライバルの二人のような関係になるのかなー?なんてここも妄想しておりました。
    書きたいことが沢山で長くなってしまいました(汗)

    • kurumi より:

      nico様

      今回の発売日、今か今かと・・いつもに増して待ち遠しかったです!!

      新の敗北・・
      かなりの衝撃でショックでした~~!
      瑞沢が勝つとしても、新は絶対に負けないだろうと思っていたので・・。

      「おれやよ」
      ・・には、私もズキューン・・でした・・!!!
      千早に呼びかける新にグッと心を奪われました。
      「せ」の札をどうしても取りたかった新・・。
      一字決まりで感じのよい千早から「せ」の札を取るのはかなりの難しさだと思うのですが、それを何が何でも取りにいった新に涙がこみ上げました。

      まだ、新の負けを受け入れられずにいますが、nicoさんのおっしゃる「千早を取り戻すための」負けなら、納得できる気がします。
      水のイメージも本格的にはならず、少し残念でした。

      次号もどうなるか気になってたまりませんね!
      ずっと苦しい千早ばかりだったので、久しぶりに千早の笑顔を見れたのはうれしかったです。
      千早と新と太一で何か話をしてほしいなぁ・・。

      >せっかく近くに宿泊してるのだから、なんかもうちょっと接触してほしいなぁ…

      はっ・・。
      本当ですね!!
      いつもはなかなか会えないので、ゆっくり話してほしいなぁ・・。

      小説も読まれたのですね!!
      新編を読むと、新と太一もライバルとしてそうなるのかも・・と期待してしまいますね!

  4. JP より:

    団体戦としては、本当に最後の公式試合だったと思うので、今回の展開については驚きでした。現実のことならそういうこともあるでしょうけど、お話でこうなるとは。今後の展開もあるので続きを待ちますが…
    もっと盛り上がって欲しかったなーと、ちょっと思っています。試合が終わるまでに田丸さんや筑波くんが、先輩たちとの最後の試合に影響をうけて、思いを受けて成長する話もできたのかなとか。
    この大会だけで盛り上がれそうな内容盛りだくさんなので仕方ないかもしれませんね。
    もやもやはありますが個人戦に超期待ということにします。

    • kurumi より:

      JP様

      最後の団体戦で、まさかの展開・・
      本当に驚きましたね!!
      私も田丸と筑波くん、後輩たちの成長をもうちょっと見たかったです。
      特に次から瑞沢を引っ張ることになるだろう筑波くん・・。
      彼の成長、活躍をもっともっと見たかったなぁ。
      そう考えると、やはり公式戦初試合の千早対新は個人戦で見たかったというのが、正直な思いです。

      個人戦、太一、詩暢ちゃんの参戦があるのかも気になります。
      新のメンタルがちょっと心配です。
      千早に負けたこと、藤岡東のこと・・引きずって個人戦に出る・・ということにならなければいいのですが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。