ちはやふる167首 感想その2 ネタバレ注意 BELOVE最新話


 

以下、167首の感想その2です。
ネタバレにもなりますので、未読の方はご注意ください。

 

 

Sponsored Link

 

詩暢ちゃんに暗雲が立ち込めてきました・・

まさか・・詩暢ちゃんの焦りの表情を見る事になるとは・・

 

新が千早に負けるという事態があったので、何があってもおかしくないと思いながら読むようになりましたが、

やっぱり最強クイーン詩暢ちゃんがもし千早に負けることがあれば、本当に驚いてしまいます。

 

それにしても、千早の強さ。

今大会、本当に強い!

読手が専任読手の五十嵐さんということで、千早・理音に追い風が吹いていますね!

 

「ちは」の札が今回もないようで、千早が残念がっていましたが、「ちは」の札が千早の試合に来ないことが度々表現されているのがとても気になります。

千早に「ちは」が来る時はいつなのか、その時の対戦相手は誰なのか・・

先が楽しみすぎます!

 

 

伊勢先生がずっと詩暢ちゃんを見守っていますね。

詩暢ちゃんの小さい頃、とても可愛い!

詩暢ちゃんの独特なかるたのスタイルの元は伊勢先生だったのですね。

友達ができなかった詩暢ちゃん。一人で強くなった詩暢ちゃんに

 

(力になってやれんかった)

 

そう思う伊勢先生は何て温かいんだ・・とじーんとしました。

詩暢ちゃんが一人なことに何だか責任を感じている伊勢先生。

そして、いつも見守っている・・。

ちはやふるに出てくる大人、素敵な人が多い!!

 

 

今回、とても興味深かったのが、詩暢ちゃんが新を

 

(うちの唯一の友達)

 

と、表現している所!

 

そして、千早のことは

 

(どうでもいい子)

 

と、思っている・・。

これは、意外でした!

でもすぐに、「またかるたしようね」と千早に手をつかまれたことを思い出している・・。

 

詩暢ちゃんの中では、千早はまだまだ複雑な存在なのかもしれません。

 

かなり、気になる詩暢ちゃん対千早の勝負の行方。

 

もしも、詩暢ちゃんが負けることがあれば・・

 

新と同じく、末次先生の深く厳しい愛情で詩暢ちゃんを成長させようとしているのでしょうか。

個人的にはクイーン戦まで詩暢ちゃんには負けないでほしい!!という感情があるのですが、うーん・・分からなくなってきました。

 

今号は、「ヒョロくんとジョンソン」に笑わさせていただきました!

ヒョロくん役の坂口さん・・

面白すぎます!!!

もう始めの編集長の席に座っている所で吹いてしまいました・・(笑)

いいキャラだなぁ・・♪

 

続きが気になる・・

気になるけど、しばらくお休み~~~

7月が待ち遠しいです!

 

映画ちはやふる下の句を観てきたので、また感想を書きたいと思います。

続編も決まって、ちはやふるの勢いがすごいですね!

この勢いでちはやふるアニメ3期来てほしい~~~~!

 

 

 

 

Sponsored Link

You may also like...

14 Responses

  1. とかさま より:

    くるみさん、こんにちは!

    今回はしのぶちゃんの内面に迫った興味深い回でしたね。

    しのぶちゃんは昔からかるたが強いので、かるたを取っても相手に嫌がられたり
    逃げられてしまったり、泣かれてしまったり・・・さとこちゃんの時のような辛い思いを
    たくさんしたんでしょう。

    しのぶちゃんがかるたをするとき、

    本気で取って相手に嫌な思いをされるか
    手加減して相手にいい思いをさせるか

    この二通りしか経験がないのかもしれません。

    なぜ新が唯一の友達かというと、単純に新がしのぶちゃんに負けたことがないから。
    自分が本気を出してもちっとも嫌がらない、唯一の人物だから。只それだけかなと。
    新が相手だと安心して強いかるたが取れるのでしょう。

    千早もしのぶちゃん相手で最後は悔しくて落ち込みましたが
    それでも「またかるたがしたい」と言ってくれた。
    こんなことは始めてなんじゃないでしょうか。
    「孤独で強いものに寄り添う」ことができる千早ならば
    いつか、しのぶちゃんの心を融かすことができるのかもしれません。。。

    それから、「ちは」の札、いつどの対戦で戻るのか、わたしもすごく気になります。
    もちろん、・・・・・との対戦がいいなぁなんて思っていますが、
    言って叶わないと嫌なので言わないようにしておきます(笑)

    下の句の感想も楽しみにしていますね!

    • kurumi より:

      とかさま様

      詩暢ちゃんの小さい頃のエピソードもあって、とても読みごたえのあるお話でした。
      強すぎるがゆえに、辛い思いをしてきたのだなぁとつくづく思いました。
      詩暢ちゃんは優しい子なんですよね・・。
      さとこちゃんとの思い出は小さな詩暢ちゃんにとっては辛いことだったと思います。

      新が唯一の友達と詩暢ちゃんが表現したのには驚きましたが、なるほど!新は詩暢ちゃんが本気を出せる相手だからですね!
      自分よりも先に千早が新に勝ってしまった・・
      これは詩暢ちゃんにとっては、許しがたいことですね・・!!
      だけど、予想以上の千早の強さ・・
      詩暢ちゃんはどう応戦するのでしょうか・・
      次号が気になってたまりません。(しばらくお休みですが・・)

      >「孤独で強いものに寄り添う」ことができる千早ならばいつか、しのぶちゃんの心を融かすことができるのかもしれません。。。

      ヒョロくんに言われたあの言葉が、ここへきて繋がっている気がします!!
      深い・・深いです!!
      とかさまさんの着眼点は本当にすごい!

      「ちは」の札、気になりますね~~!
      そして、対戦相手・・
      とかさまさんの「・・・・・」が気になります!!(笑)
      私が考えているキャラと同じだといいなぁ・・(*^_^*)
      叶うといいなぁ・・。

  2. はな より:

    くるみさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
    詩暢ちゃんの新や千早に対する想いは、皆さんの思う通りなのでしょうね。
    というか誰が見ても新はやっぱり強いんだなーって思いました。
    「新の強さの信頼」は、千早も含めて皆持ってますよね。
    色んな人の基準にされて、名人より名人扱いで新も大変だ(笑)

    ここで千早が勝ってしまうのでしょうかね・・・それもアリだと思いますが。
    猪熊さんが千早に負けた時に「負けたら変われる、もっと強くなれる。」と、かるたに貪欲になっていく描写がありました。
    詩暢ちゃんも高校選手権は「手加減をしなくていい日」であっても、新との対戦以外は必死ではなかったのかも?
    ここで一度、千早に負けて、両者共に満を持してのクイーン戦になると良いな。

    「ちは」の札の出番は私も気になりますね。
    いつ、誰との対戦で?!ここまでクローズアップされているので期待も大きいです。

    あと今大会で気になるのは、ヒョロくんのA級昇格(B級優勝)です。
    B級準優勝は前年の吉野会大会一度してるので、今大会準優勝でも良いのかな?
    まだ白波会所属だとしたら優勝でないとダメだけど、北央かるた会なら準優勝2回で昇級できそうですよね。
    今大会がダメでも最終回までにはA級になってほしい人です。

    • kurumi より:

      はな様

      こんにちは
      こちらこそ、ありがとうございます♪
      新の強さへの信頼は千早だけでなく、詩暢ちゃんにもあったのですね。
      そして、読者の私たちにも・・。
      だから、千早に敗北した新に衝撃を受けたのでしょうか・・。

      千早は強いですね・・
      今大会最強かと思うほどの強さです。
      はじめはストーリー的には詩暢ちゃんが勝つだろうと思っていましたが、新が負けた今、何が起こるか分からない・・
      千早が勝つこともあり得るなぁと思うようになりました。
      猪熊さんの言葉が何だか今になって重みを増してますね。
      詩暢ちゃんがここから変わるきっかけだとしたら、負けるのもありかもしれません。

      「ちは」の札、物語のキーになってきましたね。
      誰との対戦で出るのか・・かなり期待してしまいます。
      まさか、肉まんくんとの対戦で出たら、もう笑うしかないです(笑)

      ヒョロくんのB級優勝!見たいですね!
      今、ヒョロくんには追い風が吹いているようにも思えますので、ぜひぜひ頑張ってほしいです!
      A級になって涙して喜んでいるヒョロくんを見てみたい!!
      でも、B級にも応援したいキャラがいっぱいで・・
      松林兄弟にも頑張ってほしいなぁ。

  3. モヒモヒ より:

    なんか、千早、急に強くなったような感じですね。
    どうもシックリ来ないんですけどねぇ。
    カルタ離れてた時期が続いて戻ってきて
    いつの間にか強くなってるのが・・・。
    『高校ナンバーワンは自分や』 と言うだけありますゎ。w

    千早は、修学旅行で対戦バックレちゃいましたからねぇ。
    友達になりかけたのが「どうでもいい子」になっちゃいましたね。

    詩暢さん、相変わらず物騒ですな。w
    ただ、この気負いからメンタルがブレてきてる感じですね。
    五十嵐さん効果もあり、千早にアドバンテージが大きいから
    この勝負、ヤバイでしょうね。

    「新の勝ちも負けもうちには関係あらへんのに。」
    の裏側に、新への恋心が潜在してる。
    ってことはないですかねぇ。w
    (まだ言ってる。)

    • kurumi より:

      モヒモヒ様

      千早の強さはびっくりするほどですね。
      高校ナンバーワンと言っているように間違われるのも無理がないかもしれません。
      これで詩暢ちゃんにも勝ってしまうと、最強というか・・
      クイーン戦に臨む準備や実力はもう万端ということなのでしょうか。
      逆に詩暢ちゃんの方が、課題を背負っているような感じがします。

      千早と詩暢ちゃんの間には友情が育ってきたのかなと思いきや、「どうでもいい子」と詩暢ちゃんが思っていたので、意外に思いました。
      詩暢ちゃんにとっては、千早よりも新の方が唯一気の許せる人なのですね・・。

      もし、新が千早のことを好きだと詩暢ちゃんが知ったら・・
      何だか恐ろしいことになりそうですね・・!

  4. みほ より:

    こんにちは。kurumi さん。
    私はコミック派なのでネタバレサイトによくお邪魔してるのですが、kurumi さんは新派なのに太一派の方々にも誠意あるコメントをくださるので大変ありがたく思います。それだけ、ストーリーを考察されていらっしゃるのかなと思います。太一か新に偏ってネタバレされてるサイトを観るのですけど、単なるキャラ苛めのように見えるので目を覆いたくなるのもありますよね。女の人の雑誌なら、ヒロインの視点でストーリーを追えばいろいろな事が分かってきたような…。千早の立場だったら新との事だって「カルタへの情熱=恋」って…。現実に考えたらちょっとって思うし、漫画だからそういうストーリーも夢があっていいじゃないか?とかいろいろな意見が飛び交うのもいいけど。なんかそんな所が難しいのかなと思います。私は団体戦後のモヤモヤはそんなになかったので寧ろ、太一の告白前くらいまでがモヤモヤしてた位なので。で、ハッと気付いてしまった千早の思いはどこなんだろうか?カルタへの情熱が恋と思っているのか?新の思いと一致してるのかが分からなかったんだと思います。それを千早も「やっぱり新と同じ」と思い込んでいたのではないかなと思います。すいません、今時こんなコメントで恐縮なのですが、個人戦に志暢ちゃんが出てきたので千早にも新に対する感情が変わってくるのかなと思っているのでなんかドキドキしますよね?私は太一派なので、本来ならまた落ち込むのかなと思いますが、今までの千早の気持ちに気付いて、もう恋とか愛とか拘らなくなったのですよね。kurumi さんはいかがでしょうか?またバレ楽しみにしてます。

    • kurumi より:

      みほ様

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      私は2巻の新に一目ぼれ?してから、新に魅かれるのですが、気持ちが同調できるのは太一です。
      千早と新は心底かるたが好きで、キラキラしてとても素敵です。
      でも、心がざわつきながらも葛藤して、悩んで、真っ直ぐではない気持ちを持ちながらも頑張っている太一に目が離せないです。
      自分が悩んだ時、相談したいなぁと思う一番のキャラが太一だなと思います。
      最近の本編ではふっきれた感じがするので、これからの太一がどう動いて頑張っていくのか、楽しみです。

      千早の気持ちはますます分からなくなってきましたね。
      かるたへの情熱、恋がいろいろ織りまぜられていて、千早の新への気持ちは恋心なのか、はたまた憧れだけなのか・・
      私は尊敬、憧れがベースにあって、そこへ恋愛の感情がちょこんと芽生えているのではないかと考えています。
      その芽がこれから成長するのかどうか分かりませんが・・。
      また、次に太一に会った時に千早がどう反応するのか、とても気になります!

      団体戦での千早対新の対戦の時、太一を見つけて小学生の時の情景が現れた場面を見て、太一と新には恋とはまた違う大切な気持ちを千早は持っているんだなと思いました。
      「チームちはやふる」の仲間、絆は千早にとって何よりも大切だったんだと思います。
      千早が恋愛モードになるのはいつになることやら・・
      読者にとっては、そわそわしますね・・

      とりあえずは、詩暢ちゃんとの対戦の勝敗がどうなるかでしょうか。
      しばらく本編がお休みなので、気になりますね~!!

  5. シャコ より:

    初めまして、ちょくちょく覗きに来させて頂いていますが初コメです(^O^)
    今回の詩暢ちゃん苦戦してますね。
    千早が詩暢ちゃんはいると思ったら1人の時のペースで取れないと言ってますが自分は子供の頃友達に勝ちを譲ってしまう優しい子だった詩暢ちゃんは認めた相手だと無意識のうちに力を抑えてしまっているんじゃないかと思ってます。それが友達でありライバルの新だけだったのが千早との関わりでどうでもいい子と言いながらもどうでも良くない存在になっているのでは無いかと。詩暢ちゃんが同世代で名前で呼ぶの2人だけですし(笑
    伊勢先生の言ってる他人のかるたを受け入れろと言うセリフも心の中の無意識に手加減して上げないとと思う気持ちを捨て対戦相手に集中しなさいと言った意味では無いでしょうか?
    お婆ちゃんがクイーンと言えば若宮詩暢と言われるようになりなさいと言った流れからして千早に勝ち決勝辺りで初めて新にも勝つ感じになるんではないかと見てます。

    • kurumi より:

      シャコ様

      はじめまして!
      コメントありがとうございます!!
      詩暢ちゃん、心配ですね・・
      千早を「どうでもいい子」と思っていたのには意外でしたが、シャコさんのおっしゃる通り、どうでも良くない存在になっていますよね。
      名前で呼んでいる時点でもう特別というか・・
      詩暢ちゃんが自分で思っている以上に千早は特別な存在になっているのかもしれません。
      伊勢先生の「他人のかるたを受け入れろ」という言葉、どういうことかピンとこなかったのですが、なるほど・・
      シャコさんのコメントに頷いてしまいました。
      詩暢ちゃんにとっては、ここで崩れてしまうか、勝ってクイーンとしての誇りを更に高めるかの分かれ道になるような気がします。
      猪熊さんとの対戦の時も立て直したので、大丈夫かと思いますが、今回の千早のとんでもない強さも脅威ですから、勝敗の行方は分かりませんね・・
      千早と詩暢ちゃん・・どちらが新と対戦することになるのか、楽しみです!

  6. みほ より:

    こんにちは。ご丁寧なコメント返しありがとうございました。
    詩暢ちゃんの「詩」が間違ってましたね。すいませんでした。
    読者の皆さん、個人戦にかける思いが凄いですね。どうなるかは1ヶ月しなければ分からないですね。
    新も詩暢ちゃんも負けられない思いがひしひしと伝わってきそうですね。
    太一が出ないのは残念ですが肉まん君にも是非頑張ってほしいです。
    机くんもかなちゃんも悔いのないように頑張ってほしいですね。
    勿論千早も…。でもA級は本当レベル高いですね。理音ちゃんもクイーン目指すのかな?とにかくみんな頑張れと言いたいですね。

    • kurumi より:

      みほ様

      個人戦も熱いですね!
      団体戦は何だかハラハラして見ていましたが、個人戦は思わずのめりこんでしまいます。
      1カ月が長いです・・!!早く続きが読みたい!!
      それぞれに負けられない思いがあって、今までの頑張りがあるから、どの子にもエールを送りたくなります。
      肉まんくんにも頑張ってほしい!!
      理音も猪熊さんを見ていますから、クイーンを目指すかもしれませんね!
      最後の夏になる3年生は特に頑張ってほしいです!

  7. シャコ より:

    返信ありがとうございます。
    個人的に最後までクイーンは詩暢ちゃんだと思ってるのでイメージを崩すここでの負けは無いかなと見てます。
    むしろ本当の意味での本気になるんじゃないですかね?昔さとこちゃんと言うライバル?に本気を見せて友達を失ってしまった事で今ライバルだと思ってる新とそれに近い存在になった千早にも仲間を失ってしまうと言う怖さから無意識にリミッターが掛かってるだけだとか。早く取れなくなるのでは無く取らなくなると言う表現でしょうか?他人のかるたを受け入れれていない=目の前のかるたに集中出来ていないと言うべきか上手く表現出来ませんが伊勢先生の詩暢ちゃんは1人になる方が強いと言う表現と他人のかるたを受け入れろと言うセリフは詩暢ちゃんの弱さを分かった上で出た言葉で相反するように聞こえて同じ事だと思います。

    • kurumi より:

      シャコ様

      詩暢ちゃんがここで負けるのはかなりのショックですし、本当のクイーン戦までクイーンであってほしいと思います。
      しかし、千早が勝って決勝で千早対新を見たいという気持ちもあり・・。
      うーん。。なかなか複雑な気持ちです。
      今回は千早との戦いというより、詩暢ちゃん自身の自分との戦いという気がします。
      孤独とどう向き合うか、他人のかるたをどう受け止めるか・・
      詩暢ちゃんが成長するチャンスでもありますね。

      >詩暢ちゃんの弱さを分かった上で出た言葉で相反するように聞こえて同じ事だと思います。

      シャコさんの考察はすごいです!!
      詩暢ちゃんの弱さを分かった上というのが、伊勢先生の懐の深さを感じます。
      小さい頃から見てきたからこその伊勢先生の言葉。じーんときます。
      次号まであと10日ほど・・
      もう続きが気になって仕方ありません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。