映画 ちはやふる下の句 観てきました! 感想ネタバレ注意


 

映画ちはやふる 下の句を観てきました!

上の句で登場する俳優さんの雰囲気も掴んでいたので、緊張せずに身構えずにみれました。

下の句で特に注目なのは詩暢ちゃん!!

かなり楽しみにしていました。

 

以下、映画ちはやふる 下の句の簡単な感想です。

ネタバレにもなりますので、内容を知りたくない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

 

下の句は何と言っても詩暢ちゃんでした!!

映画の予告からしての存在感!!

普段、ドラマやテレビをあまりみないので松岡さんがどんな演技をされるのかというのは、全く知らなかったのですが・・。

 

すぐに松岡さんの魅力に釘づけになりました!

詩暢ちゃん・・詩暢ちゃんだ!!

 

綺麗で、可愛くて、ちょっと??な所もある詩暢ちゃん。

かるたでは恐ろしさを感じるほどの強さを持つ詩暢ちゃん。

 

見事な松岡さんの演技・・

どこからどう見ても詩暢ちゃんでした。

 

そして、新とのやり取りが面白かった!

「ニコニコメガネ」と新のことを言う詩暢ちゃん。

原作でもこの呼び方は面白かったのですが、映画でも良かったです!

 

新と詩暢ちゃんのシリアスなシーンでも、洗濯物で干してあるダディベアのタオルを見つけ、

 

「!!」

 

・・と、いきなり新との話を中断させて、はっとなる所は、もう笑ってしまいました。

 

これはどうしたんや・・と詰め寄る詩暢ちゃんに忘れ物と答える新。

 

あんたがダディベア好きだったらドン引きや!というようなことをピシャリと言う所は、笑い転げそうになりました。

 

詩暢ちゃんと新の複雑で特別な関係・・

それがとても伝わってくる場面がたくさんありました。

 

特に、新対詩暢ちゃんの対戦。

(新に戦意がないために、つまらんと詩暢ちゃんは途中でやめてしまいますが・・)

独特の雰囲気に息を飲みました。

できれば、近江神宮での個人戦決勝 新対詩暢ちゃんが見てみたかった・・。

もっと真剣佑くんのかるたしている所が見たかったなぁ・・。

 

上の句から面白さナンバーワンの肉まんくん!!

負けて、すみっこで大津光ルくんになぐさめてもらってる所は、映画館でもみんなが爆笑!

映画の肉まんくん、かなりいいです!!

 

かるたの熱さ、キラキラした瑞沢かるた部・・と下の句も楽しかったのですが、ちょっと残念かなぁと思ったこともありました。

個人の感想なので、ご容赦ください。

 

〇楽しみにしていた、新とすれ違う場面だけど・・

新がかるたを辞めたと知った千早と太一が福井に来て、自転車の新とすれ違う所ですが、

原作・アニメともにかなり感動的だったので、映画も楽しみにしていました。

 

原作では新が二人を気にも留めず、自転車で走り去るのを新と気づいた千早が元陸上部の足の速さで追いかけ、

千早が新を服をつかみ、二人して土手の下まで転がり落ちるのですが・・

 

映画では新がチラッと千早と太一を見て、よそ見をしていたために土手の下まで落ち、千早もそれを追って土手から落ちる・・

という感じでした。

 

・・・う~ん。

残念ながらあまり感動できませんでした。

原作の方は千早が新に会いたいという気持ちがありふれた行動と感じるのですが、映画はただ新がわき見運転をして、落ちちゃった・・みたいな。

 

危ないから、映画では原作のようにはできなかったのかな・・

 

〇太一がわりとすんなりA級に上がったこと

努力がなかなか報われず、A級になるまでが苦しかった太一。

その過程に何度も涙したのですが、映画では結構すんなりとA級になってしまって、ええっ・・とびっくりしました。

雨の中、ずぶぬれになりながら千早(すずちゃん)が号泣してましたが、感情移入できず・・。

映画は短い時間なので、太一のもがき苦しみながらも成長していく所もいくらかは割愛しなければならないとは思いますが・・

何となく、拍子抜けしてしまいました。

 

〇最後の新のセリフ・・

近江神宮の階段の所で、太一と新が話をしますが、その時に

 

「千早はだれのものでもないよな」

 

と、新。

 

おおっ!ここでこのセリフが!!と、ドキッとしたのですが・・

 

気が向いたら3人でかるたしよう

 

と、太一に言う新・・。(セリフはちゃんと覚えてないのですが・・)

 

う~~~~ん。

ここで、「気が向いたら」のセリフは使ってほしくなかった。。

しかも太一に・・。

 

原作の「気が向いたら またかるたしよう」は特別な意味があったので尚更そう思ってしまいました。

 

千早だけに使ってほしかった言葉なので、下の句で一番残念な気持ちになった場面でした。

 

・・と、いろいろネガティブな感想を出してしまい申し訳ありません。

個人の感想です・・。

 

意外にも一番涙腺が崩壊しそうになったのは、北央。

北央の練習に乗り込んでいった千早ですが、勝てない千早。

 

そんな千早に須藤さんはこれまでの全国大会のデータ集を差し出します。

北央の積み重ねてきたこれまで。

そんな大事なものを瑞沢に託す・・。

 

瑞沢に負けて複雑な思いがあっただろうに、この須藤さんの気持ちに涙してしまいました。

上の句ではただの嫌な感じの印象だったのに・・(笑)

 

最後の名人戦、クイーン戦を思わせる場面はドキッとしました。

本当にこんな場面見たいなぁ。

 

映画の続編が決まりましたが、かるたの勝負、恋愛・・

どんな風に決着がつくのか楽しみです。

続編が上映されるころには原作も最終場面を迎えているのでしょうか。

 

そして、続編までにはアニメ3期をしてほしい~~~!!

 

 

Sponsored Link

You may also like...

4 Responses

  1. 匿名 より:

    太一がA級にあっさり上がったところ、違和感すごかったですが
    「個人戦は団体戦」の見せ場を作るために
    太一が同じ会場にいる必要がある=A級でなければいけなかった、
    ということなのかなと思ってます。

    当然作ってる時は決まってなかったし仕方ないと思うのですが
    続編のネタかなり潰してないか?
    というのが一番気になります。。。

    • kurumi より:

      ご訪問者様

      太一がすんなりとA級に上がったところは本当に違和感ありました・・。
      「え?もうA級になったの・・」と、ぽかーんとしてしまいました。

      >「個人戦は団体戦」の見せ場を作るために
      >太一が同じ会場にいる必要がある

      なるほど!
      太一がA級でないと、その言葉に説得力が出ませんよね!
      映画は限られた時間なので、仕方がないですね・・。

      下の句はこのセリフがこんな所で??というものもたくさんあったので、続編が作りにくくなっているんじゃないかと思います。
      私が一番気になるのは、新の「気が向いたら・・」のセリフをすでに使ってしまったこと・・。
      もし、続編で千早への告白でもう一度「気が向いたら・・」と使われたとしても、原作ほどの感動が得られないなぁと思ってしまいます。
      菫ちゃんや筑波くん、周防さんも続編に出るとしたら、どんな俳優さんが演じるのか今から楽しみです。

  2. ごんぞう より:

    くるみさんこんばんはd(⌒ー⌒)!
    ストーリー的には上の句が好きです。でも映像は下の句が、とても好き。
    ♪威風堂々♪からの近江神宮‼、びっくりしたけど高校生の甲子園と考えれば、ナイスな選曲です。不思議なくらいあってたし、下から見上げる感じがとっても好きでした。
    福井の列車が交差するシーン。太一と千早、新をあらわしてるみたいで良かったです。
    でもほんとは新の自転車見たかった……
    けど、あれって映像化だいぶ難しそう……

    大津光ルくんかわいい!生?で見れてテンション上がったのに、肉まんくんとの2ショットは笑ってしまいました。映画の肉まんくんが好き過ぎて、漫画の肉まんくんも前より好きになりました。

    残念たなと思うところはあるんだけど、まあ、楽しかったです。

    多分続編っていきなり三年生から始まる気がします。

    • kurumi より:

      ごんぞう様

      私も上の句のほうが、ストーリーは好きです!
      よくぞここまでまとめたなぁ・・と感心したほどです。
      下の句はやはり、詩暢ちゃん!の魅力にとりつかれそうになります・・!!

      近江神宮は独特の雰囲気がありますよね・・
      かるたの甲子園として、熱い思いが伝わってくるかのようでした。
      また行きたいなぁ。

      新の自転車・・私も見たかったです!!
      でも、確かに新幹線を自転車で追うっていうのはかなり難しそうですね・・
      さすがの真剣佑くんも大変かもしれません。

      肉まんくんと光ルくんのツーショット!!(笑)
      下の句で一番好きなシーンかもしれません!!
      もう、本当に笑いました・・
      いいですね~!映画の肉まんくんはかなり好きです!
      面白くて、ほどよくいい加減な所が楽しいです。
      友達にいたらすごく楽しいだろうなぁ~

      続編もどこから始まるのか気になりますね!
      3年生から!!なるほど!
      そうでないと、映画にするには時間が足りないですよね・・
      菫ちゃん、筑波くん、田丸が一気に出てきそうな感じですね!
      それはそれで面白いかも・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。