ちはやふる34巻&おまけマンガ 感想 ネタバレ注意


ちはやふる34巻の全体的な感想です。

未読の方はご注意ください。

 

Sponsored Link 

 

表紙の千早が可愛いすぎる~!

ビーラブの表紙もこのイラストでしたが、また単行本となると雰囲気が違って二度楽しめる気がします。

大きな瞳が溜息が出るくらいきれいです。

たんぽぽが春らしいですね♪

 

帯の言葉は・・

「見ていてーー、私の覚悟。」

34巻の千早、そして、詩暢ちゃんを表しているかのような言葉です。

33巻の帯の言葉「きみに誓う—–。『強くなる』と。」と繋がっている感じがして、じーんときました。

 

須藤さんの密かな夢、詩暢ちゃんに感動。

雑誌で読んでいても単行本で続けて読むと、ちはやふるの世界にどっぷりつかれて再度感動してしまいます。

千早も迷っていた自分の前に道がぼんやり現れてきた・・そんな印象を受けました。

最後はやっぱり詩暢ちゃんの涙にひきこまれます。

これまでの詩暢ちゃんの闇部分に光が差し込んできたような、そんな感じがしました。

34巻はストーリーがしっかりしていて、且つ、これまでのことにやっと答えが出てきた気がして(特に詩暢ちゃん)

お気に入りの巻になりました。

 

そして、今回のおまけ四コマは原ピーが主役??

田丸のキャラが濃すぎて、本編では目立たなかったですが、なかなか彼女も個性的。

菫ちゃんと相性がよさそう。

 

瑞沢高校では文化祭が開かれるもよう。

どうやら、体育祭と交互にあるようです。

かなちゃんが意気込んでいるのが可愛い♪

でも、1,2年生が主体となって文化祭が行われるので、かなちゃん拍子抜け。

四コマでも受験モードですね。

 

百人一首や競技かるたの歴史をパネルにまとめたかるた部男子。

しかし、波田くんだけは野球の歴史のパネル・・(笑)

 

人が来ないかるた部のパネル展。

原ピーが静かな闘志を燃やしている!!

 

かるたの対戦で一枚でも札を取られたら脱ぐ・・というとんでもない噂を聞きつけた千早・かなちゃん・先生。

かなちゃんの顔がコワイ!!

 

しかし、脱ぐ係は男子部員。(ほっ・・)

原ピーが札は取らせまいとかるたを頑張っている!!

 

文化祭に来ていた北央かるた部ヒョロくんに美馬くん・・

もしかして参加するのか・・!?

(35巻に続く・・??のでしょうか??)

 

ヒョロくんたちが来たら、原ピー大ピンチですね・・!

千早たちが応戦してくれるのでしょうか。

美馬くんは本気で闘ってきそうですが(笑)

 

次の35巻は夏に出る予定だそうで、何だか近いですね!

一歩一歩、千早たちと一緒に「約束の場所」へ進んでいきたいなぁ。

 

 

 

Sponsored Link 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。